サステナビリティ

サステナビリティ

オペルはすべての生産プロセスにおいてCO2排出量を低減させる為の新技術に資金を投入しています。

環境問題は自動車業界が直面する大きな課題のひとつです。私たちは、工場や設備、販売する製品に至るすべての生産プロセスにおいて、CO2排出量の低減を目指し、新たな技術を積極的にを採り入れています。

企業の取り組み

社会的責任

幅広い環境テーマを取り扱う年次報告書を発行し、カーボンニュートラルな自動車製造、サステナブルなサプライチェーンマネジメント、新技術および安全性向上などの取り組みを推進しています。

2018年から、私たちはPSAグループのCSRメンバーとなっています。

ISO 14001/50001認証

私たちは、環境マネジメントシステムを認証するISO 14001を取得しています。ISO 14001は、環境目標を達成し、順守義務を管理し、環境性能を向上させるための環境マネジメントシステム開発のベースとして、世界的に認められています。また、エネルギーを効率的に利用する企業としてISO 50001の認証も受けています。

環境及びエネルギーポリシーの順守

私たちは、従業員に対する枠組みやガイドラインで、環境保護、エネルギー生産性、持続可能性に関するコミットメントをまとめています。そして、すべての事業決定において、環境・エネルギー生産性の継続的な向上を目指しています。

ビジョン


私たちは、カーボンニュートラルや無駄な廃棄物の削減を実現する自動車メーカーのリーディングカンパニーとして、また持続的なモビリティ・ソリューションを提供する企業として認められることを目指します。

環境およびエネルギーポリシー


私たちは、人々の健康、自然資源、環境を保護することにコミットします。そのため法令順守とともに、すべての事業決定において環境とエネルギーに配慮。適切な目標設定と必要なリソースを配分するマネージメントシステムによって、環境保全、エネルギー生産性の継続的な向上を目指しています。この環境およびエネルギーポリシーは、日々の業務を行う私たち社員の指針を示すものです。

製品への取り組み

CO2排出量の透明性

2017年9月1日より、燃料消費およびCO2排出量を測定するためのテスト手順である乗用車などの国際調和排出ガス・燃費試験法(WLRP)に準じて、燃料消費をテストしています。2018年9月1日、 従来のテスト手順である新欧州ドライビングサイクル(NEDC)から新たな燃費基準「WLTP」が導入されています。

クリーン技術・Eモビリティ

サステナブルな未来への私たちのコミットメントの一環として、既存エンジンのCO2排出量削減を実現する新技術の開発とともに、未来の電気自動車をサポートするEモビリティシステムの構築に注力しています。

ブルーインジェクション

私たちのディーゼルエンジンは、SCR(選択触媒還元)技術においてブルーインジェクションを採用しています。 クリーンな排出ガスのために必要不可欠な高品位尿素水 AdBlue®は自動的にエキゾーストパイプに噴射され、有害な窒素酸化物を環境に無害な窒素と水蒸気に分解します。

 

※AdBlue®はドイツ自動車工場会の登録商標です。